はじめましてKIDS Campus International Schoolの菅原と申します。
ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

当校は2003年に『 青森で英語をもっと身近に!世界の文化や考え方に触れられるインターナショナルスクールを開校したい!』という思いで設立いたしました。私自身、子を持つ親として、時代がグローバル社会へと大きく変化していく中、未来の子どもたちに必要な環境であると強く思ったからです。

日本でも英語を社内公用語にする企業が増加していくなど国際化が進み、私たち日本人にとっても英語は欠かせない言語となってきています。子どもたちが活躍する20年後の社会では、さらにボーダーレスが進み、英語がコミュニケーションツールとして位置づけされていることでしょう。

このような社会情勢をふまえ、グローバル時代を生きていく子どもたちの準備として大切なのは、異なる文化を理解し様々な人々と共生していく姿勢や、人間関係の基礎となるコミュニケーション能力です。
キッズキャンパスでは、小さい頃から英語を楽しくのびのびと学び、世界各国の先生や文化に触れる英語環境を整えています。子どもたちは継続的なレッスンと体験型イベントを通し、グローバル時代に必要な異文化対応能力やコミュニケーション能力を身につけていきます。

又、英語でのコミュニケーションのみならず、グローバルな視点で考え、自分の意見を伝え行動し、 偏見のない広い心を育てることも目的として、子どもたちの輝く未来に向けサポートしていきます。

スクールに興味関心がある方は是非一度、スクール見学にいらして下さい。

一般社団法人
KIDS Campus インターナショナルスクール
代表理事 菅原 展子




 世の中の変化が激しい現代では、親が精神的にも経済的にも自立していきながら、活き活きとした子どもを育てるということは、どこの国でもどこの家庭でも並大抵なことではありません。学歴や、スピード第一主義に走り、「早く早く」「遅れたらだめ」という強迫観念がとても強く子どもたち一人一人の成長スピードや、子どもの心の状態を見極めながら育てるといったことが難しい時代でもあります。何かに取り組む時にも「とりあえず皆がやっているから」「親に言われたから」「何となく・・・」といった自分の意志を持てない、他人の意見に流される人間も多くなっているようです。

  このような時代背景もふまえ、キッズキャンパスでは“活き活きとした人間を育みたい”と思っています。 キッズキャンパスが考える『活き活きとした人間』とは、自分の価値観や世界観を持ち、それに基づいた的確な判断と行動ができ、夢の実現に向かい果敢に挑み、問題解決をしていく過程も楽しみ喜べる人間です。
  そのためにも、幼少期に培われる情緒の安定や自立が大切だと思います。

キッズキャンパスでは、知的教育のみならず『感性教育』も重視しながら、次の4つの力
『考える力』『感じる力』『挑戦する力』『伝える力』を育む教育に取り組んでいます。
 英語はもちろん、先生と生徒、お友だち同士のかかわりのなかで、「あいさつをする」「自分のことは自分でする」「相手の気持ちを考える」「自分で考え決断する」など、当たり前だけれど大切なことを、保護者の皆様と一緒にサポートし、お子様の成長を見守っていきたいと考えております。

校長 Minako Tomlinson