Greeting

当校は2003年、グローバル社会で活躍する子どもたちに『英語をもっと身近に!世界の文化や考え方に触れられる英語環境を!』をコンセプトにKIDS Campus インターナショナルスクールを設立いたしました。

KIDS Campus インターナショナルスクールでは、英語の運用能力に加え、多種多様な価値観(ダイバーシティ)への理解と寛容力を育てることを目的とした、長期的な英語プログラムと、世界を体感できるイベントや各種留学プログラムを提供しております。子どもたちは、英語の学びを通し、国籍や文化の違い、考え方や価値観の違いを体感し、多様な視点や柔軟な考え方を身につけていきます。

また、子どもたちにとって英会話を学ぶ意義は、新しい世界と接し、そこに住む人々の発想や考えを理解し、真のコミュニケーションを取れるようになることだと思います。 私たちは、その為に何が必要か?何が効果的か?を日々探求しながらスクール運営をしております。

20年後、30年後、KIDS Campus インターナショナルスクールから羽ばたいた小さな子どもたちが、世界中のいたるところで大きく成長し、活躍している姿を「夢」みて、 子どもたちの未来をサポートしていきます。

一般社団法人
KIDS Campus インターナショナルスクール
代表理事 菅原 展子


Education policy
教育理念 活き活きとした人間を育む

 世の中の変化が激しい現代では、親が精神的にも経済的にも自立していきながら、活き活きとした子どもを育てるということは、どこの国でもどこの家庭でも並大抵なことではありません。学歴や、スピード第一主義に走り、「早く早く」「遅れたらだめ」という強迫観念がとても強く子どもたち一人一人の成長スピードや、子どもの心の状態を見極めながら育てるといったことが難しい時代でもあります。何かに取り組む時にも「とりあえず皆がやっているから」「親に言われたから」「何となく・・・」といった自分の意志を持てない、他人の意見に流される人間も多くなっているようです。

  このような時代背景もふまえ、キッズキャンパスでは“活き活きとした人間を育みたい”と思っています。 キッズキャンパスが考える『活き活きとした人間』とは、自分の価値観や世界観を持ち、それに基づいた的確な判断と行動ができ、夢の実現に向かい果敢に挑み、問題解決をしていく過程も楽しみ喜べる人間です。
  そのためにも、幼少期に培われる情緒の安定や自立が大切だと思います。

キッズキャンパスでは、知的教育のみならず『感性教育』も重視しながら、次の4つの力
『考える力』『感じる力』『挑戦する力』『伝える力』を育む教育に取り組んでいます。
 英語はもちろん、先生と生徒、お友だち同士のかかわりのなかで、「あいさつをする」「自分のことは自分でする」「相手の気持ちを考える」「自分で考え決断する」など、当たり前だけれど大切なことを、保護者の皆様と一緒にサポートし、お子様の成長を見守っていきたいと考えております。

校長 Minako Tomlinson